マンションを売りたい、と漠然と考えている方にとって、まずは何をしなければならないのか、
どのくらい時間が必要で面倒な手続きはあるのか、などが非常に気になるところだと思います。
当然、一番の関心と心配は売却金額になるかと思いますが、実はマンション売却で一番重要
なのは代理人を選ぶことなのです。

それはつまり、長いトンネルを抜ける前の入り口となるからです。
良くインターネットでの失敗談などを見ていると仲介業者とのトラブル、さらに細かく見ると
査定額との相違や支払の条件が守られていない、などの理由で訴訟にも繋がっているケースが
あります。

双方言い分があるものもありますが、そういうトラブルを引き起こす原因は仲介業者側に
あることも多く、事前に業者を調査することも賢く円満なマンション売却のための秘訣と
なります。

まずは取扱い実績数の多い代理人、仲介業者を選んでください。社会的、業界内での
信用がものを言いますから、非合法な取引や強要するような取引を行う確率は低いと
思われます。

また取扱い件数が多い分だけトラブルを未然に処理したという実績もまた多いのです。
大手を選ぶことで資金繰りの心配が軽減されることもメリットの一つです。

住んでいるマンションを売却したいと考えている方にとってその売却額は気になるところ
です。
またよく勘違いされている方がいるのですがマンションの評価額とは異なるのだということ
を知っておく必要があります。

まず、マンションを売るには専門の仲介業者に連絡し、マンションそのものを下見、
査定してもらう必要があります。

その後、破損や汚れ、劣化度を見たのち、取得時の価格、周辺の地価、人気度などを
考慮し売却額が決定します。つまり、建物そのものの建築年数や広さ、設備などが評価
された金額でもそのエリアの人気と時価がものを言うため、そこに差額が生まれること
が多々あります。つまり評価額はよかったのに、いまいち高く売れなかったというのは
こういう現象なのです。

ただし、仲介業者などと交渉する際にはこの評価の金額をベースに話をすることが出来ます。
つまり、これほどの広さ、年数、設備なのだから考慮して欲しいという主張が出来ます。
また仲介業者もこの評価を元に人気エリアや駅まで徒歩時間を要素として加味するので
あながち無関係ではないのです。また見積もりは複数の業者で取られるでしょうから、
業者によってはこの評価を重視するところもあります。